2014年07月26日

*゚*☆この色のはじまりは・・・?☆*゚*

(pωq)コンバン ヽ(・д・)ノ ワア~♪

フロント小山です(*´∇`)ノ

 

今日も平安閣では結婚式が行われていますよ☆。.::・’

結婚式といえばやっぱり花嫁さんの白いウエディングドレスですよね(*´艸)(艸`*)

IMG_0418


実は昔はウエディングドレスの色には決まりはなく、

女性たちは様々な色のドレスをウエディング用として着用していたようですΣ(´д`ノ)ノ

当時は、結婚式後もリフォームなどをして着続けたため、

白いドレスよりも色ドレスのほうが利用しやすいということもあり、

色ドレスをウエディングドレスとして着用されることが多かったのです((φ(・Д´・ *)ホォホォ

 

そんなウエディングドレスの色が

白というイメージとして定着していったのは19世紀後半です!

イギリスのヴィクトリア女王が着用したことから始まっているようです∑(*´◯`ノ)ノ

ヴィクトリア女王が自身の結婚式を挙げる時

白シルクのウエディングドレスと手織りレースのベールを身に纏い

この様子が新聞や雑誌などで大々的に取り上げられたのです゚+.(ノ*・ω・)ノ*.

さらに白というのは

「純潔」「無垢」「純真」などを表現しており

どんな色にも染まりやすく、

「あなたの色に染まります」

という解釈の意味もあったみたいですね♫

そして現代でもウエディングドレスは

白色というイメージで定着しています☆

 

これから結婚式を挙げる皆様、

自分にピッタリのウェディングドレスを一緒に見つけましょう゚+.((ヽ(・ω・)ノ))゚+.

 

フロント小山でしたヾ(●´∀)ノ
posted by 岩見沢平安閣スタッフ at 19:07| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする